MARKET CAP
136.97B
BTC
51.5%
ETH
11.6%
News + Portfolio
News
Coins

Coinchoice.net

Promote your crypto project here for just 0.1 ETH per day!
Advertise here
15 h
2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【前編】

2018年は多くの暗号通貨・ブロックチェーンのスタートアップが誕生しました。M&A(合併や買収)も多く起きており、2017年と比較すると2018年は約2倍。本コラムでは2018年におけるブロックチェーン企業の目立った買収を紹介します。

1 d
ビットコイン(BTC)2019年2月のマイニング環境を整理

若干の相場の戻りが見え始めた2月。今回はビットコイン(BTC)のハッシュレートとディフィカルティの変化から、採掘コスト、主要新世代マイニング機種の収益性まで2019年2月の環境についてを整理し、解説します。

1 d
リトアニア:仮想通貨を「バーチャル資産」と定義、同国で活発化する国家ブロックチェーンプロジェクト

リトアニアではこれまで仮想通貨を「バーチャル通貨」としていたが、この度「バーチャル資産」と定義されることがわかった。活発化する国家ブロックチェーンプロジェクト「LBChain」やコレクション用の「LBCoin」などについても紹介する。

1 d
SECとCFTCが仮想通貨規制で歩み寄り、ビットコインETF認可が試金石

米議員OBらのシンクタンクがこのほど開催したフォーラムで米証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)が仮想通貨の規制に関する見解を共有しました。両規制当局の協力関係構築を示唆した発言などを紹介。

1 d
ブロックチェーンプロジェクトの成否は、時間軸とタイミングが重要~ドットコムバブルから学べること~

ブロックチェーンプロジェクトが成功するかしないかは、時間軸とタイミングが重要とされています。なぜこの2つが重要なのか?過去に起きたドットコムバブルの事例(NetflixやAmazonなど)、から学べることを紹介します。

2 d
ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値とはなにか?

よく聞くスマートコントラクトという言葉を訳すと契約の自動執行と説明される場合が多いですが、本質価値をわかりにくくしている場合が多くあるのが現状。本コラムではブロックチェーンにおけるスマートコントラクトの本質的価値について考えました。

2 d
ビットコイン(BTC)など大学で違法にマイニング、22歳の男を逮捕

韓国の大学で許可を得ず数十台のパソコンを使い仮想通貨のマイニングを行ったとして22歳の男が逮捕された。男は2018年に退学したにもかかわらず、大学でビットコイン(BTC)などの仮想通貨をマイニングしていたとされている。

2 d
ネム(NEM)がブロックチェーンベースを使ったAI搭載ソリューションと提携

ネム(NEM)財団とTheVault Ltd.が暗号通貨ユーザーの信頼を高めるべくパートナーシップを結びました。安全な支払いと取引の為NEMベースのAI搭載ブロックチェーンソリューションを構築します。同社の特徴やロードマップなどを紹介。

2 d
ビットコイン(BTC)にとって中銀発行デジタル通貨(CBDC)は救世主?

中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)とビットコイン(BTC)の関係はどうなるのか?CBDCの出現が実は、ビットコインをさらに広く採用される役目を果たすのではないかという見方もあります。CBDCとBTCの関係を紹介。

3 d
ビットコイン(BTC)はボトム脱出! 45万円突破ならダブルボトム形成へ

仮想通貨市場がようやく活気づいてきたとひろぴー氏。ビットコインも反発し、執筆現在43万円付近を推移しています。本稿ではミンブルウィンブルの実装期待で上昇しているとされるライトコイン(LTC)とビットコインの今後のトレード戦略を紹介します。

3 d
コインベース(Coinbase)がニュートリノ(Neutrino)を買収、ブロックチェーン分析企業の可能性

コインベース(Coinbase)がブロックチェーン分析企業であるニュートリノ(Neutrino)を買収したことがわかりました。この買収により今後どんな展開が予想されるのか?また、関連性の高いChainalysisについても解説します。

3 d
仮想通貨を支持するミレニアル世代、43%が証券より信頼できる

アメリカ在住のミレニアル世代の43%が株式よりビットコインをはじめとする仮想通貨を信頼していることが分かった。イートロ社の調査によって明らかになったレポートの内容と、若者が仮想通貨に興味を示す背景の考察などを紹介する。

3 d
ビットコイン(BTC)の行方はイーサリアム(ETH)に聞け

ビットコインの価格に振り回された…そんな経験をお持ちの方も多いと思いますが、トレードをしている方にとって相場を先読みできる方法があればどんなに嬉しいことか。本コラムではBTCの先行きを知る手がかりになるかもしれない1つの考え方を紹介します。

3 d
EOS(イオス)は7ヶ月間で260以上のアプリケーションが稼働、その理由とは?

EOS(イオス)はメインネットがローンチして7ヶ月で少なくとも260以上のアプリケーションが存在するようです。そんなEOSを利用する理由として挙げられるスケーラブル・スピードが早い・手数料モデル・環境に優しいの4つについて解説。

4 d
仮想通貨市場への参入強化を進めるナスダック、ビットコイン(BTC)のインデックス提供など

証券市場ナスダック(Nasdaq)が仮想通貨市場へ参入する動きを強めています。このほど発表した、2月25日から提供開始するビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)のインデックスなどその例を紹介します。