fbpx
News + Portfolio
News
Coins
🔥
Promote your crypto project here for just 0.1 ETH per day!
Advertise here

Btcnews.jp





🔥
Promote your crypto project here for just 0.1 ETH per day!
Advertise here
2 h
「BCC/JPY」DailyTradingSignal : 久しぶりの大幅上昇 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・強気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がプラス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

3 h
「BTC/JPY」DailyTradingSignal : 100万円を再び回復 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・強気バイアス・シグナル:価格が14EMAの上で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

1 d
「XRP/JPY」DailyTradingSignal :  オシレーターに底打ち感 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

1 d
1 d
HV低下で手控えムード濃厚 BTCは節目の9000ドル死守できるか | ビットバンク マーケット情報

先週(6月29日〜7月5日)のビットコイン(BTC)対円相場は4週続落したものの、この週は一貫して動意に欠ける展開が続き終値ベースでは507円安(- 0.05%)の979,493円とほぼ横ばい。手掛かり難が続く中、BTCの短期ヒストリカルボラティリティー(HV)の低下が手控えムードを誘っている。現在の10日物と30日物のHVは、18年11月中旬と19年第一四半期の膠着相場時と同等の水準まで低下しており、いつ相場が保合い放れで大きく動いてもおかしくない状況と言える。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉

4 d
「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  5月以来の雲が逆転 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

4 d
「BCC/JPY」DailyTradingSignal : 4週連続陰線間近か | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

4 d
材料出尽くしでも動意薄 BTCの膠着相場はまだ続く? | ビットバンク マーケット情報

2日のビットコイン(BTC)対円相場は12,499円安(- 1.26%)の980,401円。1日の米指標改善を受けた株高に連れて99.9万円まで浮上した前日の相場だったが、この日公表されたFOMC議事要旨でイールカーブコントロール(YCC)の効用について米連邦準備制度委員会(FRB)が懐疑的な姿勢を示したことがわかると上値は抑えられた。2日の相場はアジア時間に前日の上げ幅を縮小。この日発表の雇用統計が市場の予想を上回り米指数先物が上昇すると瞬発的に連れ高になる場面もあったが、リスク回避姿勢後退が示唆されたこともあってか、すかさず反落し、対ドルでは節目の9000ドルを一時割り込んだ。一方、9000ドル水準では押し目買いが入り、NY時間終盤にかけては徐々に値を戻した。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉

4 d
5 d
「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  昨日の高値更新なるか | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

6 d
「MONA/JPY」DailyTradingSignal : 180円で底値固め | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸

6 d
BTCは第二四半期アノマリー示現 第三四半期は外部環境を味方にできるか | ビットバンク マーケット情報

6月のビットコイン(BTC)対円相場は前月比29,393円安(- 2.89%)の988,711円(第1表)。この月は相場が対ドルで10,000ドル水準に浮上する度にマイナーや鯨のBTC送金が相場に冷や水を浴びせ、上値を抑える材料となった。加えて、6月の米指標改善が見られると逃避資金流入の観測も後退、17日にはマイニング難易度を示すディフィカルティーが約15%と大幅に上昇し、実需筋の売りへの警戒感も一層強まり、一月を通して概ね上値の重い展開が続いた。しかし、決定的な売材料にも欠ける中、一定の底堅さも確認され、出来高は細り、ヒストリカルボラティリティー(HV)は低下し、足元では手控えムードが漂っている(第1図)。今朝方にはディフィカルティーの調整もあったが、ハッシュレートがほぼ横ばいで推移した今サイクルの調整率はゼロ%(btc.com調べ)となった(第2図)。
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 長谷川友哉

6 d
7 d
7 d
「BTC/JPY」DailyTradingSignal :  小幅に反発する相場 | ビットバンク マーケット情報

DailyTradingSignal・弱気バイアス・シグナル:価格が14EMAの下で推移・弱気バイアス・シグナル:Commodity Channel Index(CCI)がマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:Fisher Transformがマイナス域で推移・弱気バイアス・シグナル:MACDがマイナス域で推移
カテゴリ: 市況・相場分析 | 記者: 真田雅幸