MARKET CAP
133.45B
BTC
51.9%
ETH
11.5%
News + Portfolio
News
Coins

Btcnews.jp

Advertise here
2 h
みずほ、三月に円ペッグのデジタル通貨発売へ

日本のみずほフィナンシャルグループは今年の三月に円建ての決済および送金用のステーブルなデジタル通貨であるJcoinとJ-Coin Payと呼ばれるJcoin用の決済アプリをリリースすることを発表した。みずほ銀行の口座とJcoin Payのウォレット間の送金手数料はかからないという。参照元

btcnews.jp
Share Post
4 h
アメリカ、ワイオミング州で仮想通貨関連法案が二つ成立

州議会の公式ウェブサイトによると、アメリカのワイオミング州で株式をブロックチェーン上のトークンとして扱う枠組みについての法案、およびブロックチェーン関連企業のコンプライアンスに関する法案が可決された。前者は7/1に後者は10/1に発効される予定であるという。参照元1参照元2

btcnews.jp
Share Post
7 h
銀行が暗号通貨を管理できる法案が成立 米ワイオミング州

米ワイオミング州で先週、暗号通貨関連の法案が新たに成立した。これにより銀行が暗号通貨の管理を行うことが可能になった。成立した法案SF0125では、ブロックチェーン上のトークンをデジタル資産として正式に認めた。 同法案は、デジタル資産をコンピュータに保存された経済的な価値や権利を示すものだとしている。またデジタル資産には電子証券や仮想通貨などが含まれる。 さらに先月提案された法案HB0185も成立しており、これにより企業が証券をブロックチェーン上に記録し発行することが認められた。2つの法案は今年の7月1日より施行される。 ワイオミング州は以前からブロックチェーンのような新たな技術を活用したスタートアップの受け入れに対して前向きな姿勢を見せており、これらの企業に対してサンドボックス・プログラムを実施している。 サンドボックス・プログラムでは、ブロックチェーンを実際に使用する実証実験が行われている。またスタートアップが既存の規制に対してどのような対応が必要なのかといった議論が交わされている。 ワイオミング州でブロックチェーン関連企業の誘致活動を行うCAITLIN LONG氏によると、現在多くの企業からの問い合わせがあるという。企業がブロックチェーンを活用し証券を発行したり、銀行がトークンの管理を行うことができるようになったことに対して大きな反響があったようだ。 SF0125やHB0185の他にも、火力発電所の電力をマイナーへ安価に提供することができるようにする法案なども成立している。ワイオミング州としてはブロックチェーン企業を誘致することで、仕事を作り出し経済を活性化させたいと考えている。 ブロックチェーン企業の誘致を行っている国ではマルタやスイスなどが有名だが、アメリカではワイオミング州が積極的にブロックチェーン企業へのサポートを行っている。ブロックチェーンの聖地となるような場所はこの中から出てくるのだろうか。 Coindesk Caitlin Long Blog

btcnews.jp
Share Post
7 h
銀行が暗号通貨を管理できる法案が成立 米ワイオミング州

米ワイオミング州で先週、暗号通貨関連の法案が新たに成立した。これにより銀行が暗号通貨の管理を行うことが可能になった。成立した法案SF0125では、ブロックチェーン上のトークンをデジタル資産として正式に認めた。 同法案は、デジタル資産をコンピュータに保存された経済的な価値や権利を示すものだとしている。またデジタル資産には電子証券や仮想通貨などが含まれる。 さらに先月提案された法案HB0185も成立しており、これにより企業が証券をブロックチェーン上に記録し発行することが認められた。2つの法案は今年の7月1日より施行される。 ワイオミング州は以前からブロックチェーンのような新たな技術を活用したスタートアップの受け入れに対して前向きな姿勢を見せており、これらの企業に対してサンドボックス・プログラムを実施している。 サンドボックス・プログラムでは、ブロックチェーンを実際に使用する実証実験が行われている。またスタートアップが既存の規制に対してどのような対応が必要なのかといった議論が交わされている。 ワイオミング州でブロックチェーン関連企業の誘致活動を行うCAITLIN LONG氏によると、現在多くの企業からの問い合わせがあるという。企業がブロックチェーンを活用し証券を発行したり、銀行がトークンの管理を行うことができるようになったことに対して大きな反響があったようだ。 SF0125やHB0185の他にも、火力発電所の電力をマイナーへ安価に提供することができるようにする法案なども成立している。ワイオミング州としてはブロックチェーン企業を誘致することで、仕事を作り出し経済を活性化させたいと考えている。 ブロックチェーン企業の誘致を行っている国ではマルタやスイスなどが有名だが、アメリカではワイオミング州が積極的にブロックチェーン企業へのサポートを行っている。ブロックチェーンの聖地となるような場所はこの中から出てくるのだろうか。 Coindesk Caitlin Long Blog

btcnews.jp
Share Post
8 h
ザッカーバーグ、ブロックチェーンによるデータ認証を検討か

Facebookの CEO兼創設者のザッカーバーグ氏はハーバード大の教授との対談において、将来的にブロックチェーンに基づきユーザーが自身のデータを自身で管理できるようなシステムの構築することがFacebookが中央集権ではなく分権的なプラットフォームとして必要であると考えている、と語った。参照元

btcnews.jp
Share Post
8 h
BitGo、TRONのサポートを発表

機関投資家向けの仮想通貨の保管や投資を行っている大手のBitGoは、仮想通貨Tron(TRX)のウォレットおよび保管サービスを行うことを発表した。Tronは保有者に対するBitTorrentのエアドロップなど最近急速に注目を集めている。参照元

btcnews.jp
Share Post
11 h
BTC、一時4000ドル突破

本日、仮想通貨は全体的に1〜2%の値上がりが続いており、BTCは一時1BTC4000ドルの大台を久々に超えた。また、Binance DEXのテストネットローンチもあり、Binanceコイン(BNB)も値上がりしている。参照元

btcnews.jp
Share Post
11 h
サムスンのギャラクシーS10、仮想通貨のキーストレージ内蔵へ

サムスンの新しいスマートフォンであるギャラクシーS10にSamsung Knoxと呼ばれる仮想通貨の秘密鍵を安全に保管することのできるキーストレージが内蔵されることが発表したと報じられた。少なくともEthereumには対応している模様。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
Binance、自社の分散型取引所のテストネットを発表

世界最大の仮想通貨取引所のBinanceは自社で開発を進める独自の分散型取引所(DEX)であるBinance DEXのテストネットを開始した。これはBinance ChainというDEXに特化したブロックチェーンを搭載しており、現在テストネットのウォレットを作成可能であるという。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
Coinbase、ウォレットにBitcoin Cashのサポートを追加

アメリカの仮想通貨取引所のCoinbaseは自社のウォレットアプリケーションにBitcoin Cash(BCH)のサポートを追加したことを発表した。このウォレットは秘密鍵がクラウドストレージ上で保管できることから物議を醸していた。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
Elon Musk「Bitcoinは紙幣より素晴らしい」

Elon Musk氏はポッドキャストの中でBitcoinについて「素晴らしい構造を持っている。価値を移転する手段として紙切れよりもはるかに優れている。」と述べた一方で「欠点の一つとして非常にエネルギー集約的であることが考えられる」とも語った。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
ミレニアル世代のトレーダーの半数が仮想通貨市場の方が信用できると回答

ミレニアル世代のオンライントレーダーに対して投資プラットフォームeToroが調査した結果によると、43%が従来の株式市場に対して不信感を抱き仮想通貨市場の方が信用できるとした一方、仮想通貨投資をしていない人でも従来の金融機関が仮想通貨を取り扱った場合、仮想通貨を保有すると答えたのは71%に登った。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
イーサリアムの価格が再び高騰し140ドル台ヘ、重要なレジスタンスラインに接触

ここ2週間でイーサリアム(ETH)の価格は約43%上昇し、現在は140ドルほどで取引されています。これまで延期されていたハードフォーク「Constantinople」を来週に控え注目が集まっているようです。 Coinbase、ETH/USD 日足チャート ETHは現在、前回の高値付近の150ドル手前で上昇が一時休止しているようです。利益を確定する売り圧力により、現在は下落方向で推移しています。押し目をつけ再び高値を狙う動きになる可能性が高そうです。 チャート右に表示しているVPVRを見ると、150ドル付近のレジスタンスは取引量が多く重要な価格帯となっています。このレジスタンスを超えることができるか否かは、今後の中長期トレンドにも影響してくるでしょう。 Coinbase、ETH/USD 日足チャート 日足チャートの形を見ると、150ドル手前で大きく売られていることがわかります。また、ETHの上昇トレンドの天井ではトンカチが出現する傾向がみられます。今回も昨日の日足チャートがトンカチの形をしており、上昇した後大きく売られた様子が伺えます。 Coinbase、ETH/USD 日足チャート 現在のチャートと昨年10月頃のチャートを比べると、その形が非常に似ていることがわかります。昨年10月には、200ドルのサポートラインを割り込み三角保ち合いを下抜けすると一気に安値を更新し、20日間で約50%価格が下落しています。 現在のチャートは三角保ち合いの上辺を上抜けしようとチャレンジしているようにみえます。仮に上抜けに失敗し再び下落を開始した場合、重要なサポートラインは115ドルとなっており、このラインも割ると最安値の80ドルを更新する可能性はかなり上昇すると予想されます。 Coinbase、ETH/USD 1時間足チャート 1時間足をみると、現在は140ドル付近で買い支えられているようです。上昇トレンドを継続させるには148ドルの上で価格が定着する必要があります。今後140ドルを割り込みさらに高値を更新できそうにない値動きとなる場合、今回の上昇トレンドはすでに終了したと判断できそうです。

btcnews.jp
Share Post
1 d
EthereumのMonoplasmaが正式リリース

Ethereumのセカンドレイヤーのスケーリング技術であるPlasmaの一種、MonoplasmaをスタートアップのStreamrが正式に発表した。機能として1対多の支払いの効率化に焦点を当てており、オープンソースで開発が進められている。デモでは10万のアドレスに対してテスト用のトークンの配布を行なっていた。参照元

btcnews.jp
Share Post
1 d
EthereumのVitalik Buterin、保有している仮想通貨の内訳を公開

Ethereumの共同設立者のVitalik Buterin氏はRedditのスレッドの中で自身の保有している仮想通貨の内訳を公開した。それによると現在彼の資産のほとんどがEthereumで構成されており、Bitcoinなど他の通貨も保有しているもののETHの10%未満、MKRなどEthereumベースのプロジェクトのコインもETHの10%未満であることを明らかにした。参照元

btcnews.jp
Share Post