MARKET CAP
121.00B
BTC
52.7%
ETH
10.6%
News + Portfolio
News
Coins

Japanese Crypto News

Promote your crypto project here for just 0.1 ETH per day!
Advertise here
27 min
エヌビディアの4Q売上高 大幅減 仮想通貨ブーム後の「過剰な在庫」などが背景

半導体大手エヌビディアは14日、第4四半期(11月~1月)の売上高が前年同月比で24%減少したと発表した。

1 h
ブロックチェーンゲームのトークン化されたアイテムのファンダメンタルとは?

My Crypto Heroesをはじめ徐々にユーザー数が増加しているブロックチェーンのゲーム系のアプリケーション。個人間で簡単かつ確実に売買できるゲーム内のアセット化されたアイテムのファンダメンタルズについて解説します。

1 h
ビットコイン8000万円超?中国・仮想通貨マイニングプール大手の創業者が強気予想

中国の仮想通貨マイニングプールPoolinの創業者であるジュー・ファ氏が、ビットコイン(BTC)は500万元(約8100万円)をつける可能性があると予想した。中国の仮想通貨メディア8BTCが11日に報じた。

1 h
「肝心な部分わかってない」リップルのガーリングハウスCEO、JPモルガンの独自仮想通貨を批判

リップルのブラッド・ガーリングハウス CEOが、米大手銀行JPモルガン・チェースの開発した独自仮想通貨「JPMコイン」について言及し、JPモルガンは仮想通貨について「肝心な部分がわかっていない」と指摘した。

13 h
JP Morgan Chase、JPM Coinの発売を決定

JP Morgan Chaseは、JPM Coinと呼ばれる独自の仮想通貨をアメリカ内の銀行を対象に発行するとCNBCに報じられた。このコインは企業の国際送金を円滑化することを目的として活用されると報告されている。参照元

btcnews.jp
Share Post
15 h
バイナンス 仮想通貨5種の上場廃止を決定|「強気相場の基盤整う」との見方も 1つはSECの調査対象

仮想通貨取引所バイナンスが15日、5つのアルトコインの上場廃止を決定したと発表した。上場廃止になったコインの中には、SECの調査対象になっていると報じられたコインも含まれている。また、仮想通貨市場にとってはポジティブという見方が出ている。

17 h
【当記事だけの特別割引有!】テーマは最新のフィンテックや仮想通貨・ブロックチェーン情勢など-第20回日本国際金融システムフォーラム2019が開催決定

今月28日、東京都内で「金融ITの革新と金融・資本市場」をテーマにしたカンファレンス「第20回 日本国際金融システムフォーラム2019」が開催される(主催:株式会社JTBコミュニケーションデザイン)。

17 h
大手金融機関サンタンデール IBMと7億ドルの契約締結 ブロックチェーンなど最新技術導入を加速

スペイン金融最大手のサンタンデール銀行とIBMが、ブロックチェーンなどのテクノロジー開発を加速するための技術契約を結んだ。この取引額は約7億ドル(約770億円)にのぼるという。

17 h
仮想通貨ニュースを聞きながら通勤に最適!コインテレグラフ独断 ポッドキャスト9選

幾多もある仮想通貨・ブロックチェーン系のポッドキャストの中から、コインテレグラフ日本版が独断で9つを選出した。

17 h
インドネシアが仮想通貨先物取引で新規制 ビットコイン先物の業者は78億円の最低資本金が必要に

インドネシアの規制当局、先物取引所監督委員会(Bappebti)は、仮想通貨の先物取引のための新しい規制を発表した。規制の厳しさから現地の事業者からは不満の声も。

18 h
JPモルガン、送金・決済システムの効率化に向けてデジタルコインの発行を計画

米大手銀行のJPモルガンが、送金・決済システムの効率化を目的とした独自のデジタルコイン「JPMコイン」を発行する。JPMコインはドルペッグ型のステーブルコインに分類される。 JPモルガンの口座に紐付けられ発行されるJPMコインは、データがブロックチェーン上に記録され、銀行や証券会社などの金融機関の送金や決済などに使われる。現状リテール向けのユースケースは想定されていない。 発表によると、現在JPMコインはプロトタイプであり実用化の目処は立っていない。運用テストを行っている段階であり、規制当局との協議もまだ行っていない。 JPモルガンは、JPMコインを法定通貨ではないとしている。インターナルなネットワーク内でやりとりされるデータとして扱われる。 暗号通貨市場でドルにペッグしたステーブルコインの市場シェアが最も高いのはUSDT(テザー)だが、JPMコインが競合になることはない。USDTは主に暗号通貨取引所で扱われており、ユーザーは主に個人だ。一方、JPMコインが暗号通貨取引所で使われることはなく、主に金融機関向けのサービスとして使われる。 また、ブロックチェーン上で発行されるJPMコインだが、ビットコインのようなパブリック型のブロックチェーンを使うわけではない。JPMコインのブロックチェーンを利用するには許可が必要で、JPモルガンが提携した企業のみ使うことが許される。 JPモルガンがステーブルコインの開発を進めている背景には、ビットコインのような暗号通貨の有用性に世間の注目が集まるようになってきたからだろう。今まで銀行は政府の規制によって守られてきた経緯があり、銀行業界には十分な市場競争が存在しなかった。 しかしパブリックのブロックチェーンを活用した暗号通貨の登場により、銀行を介さず金融取引ができるようになった。インターネットがあらゆる業界をディスラプトしたように、ブロックチェーンは銀行業界をディスラプトしようとしている。 ビットコインに代表される暗号通貨に国境という概念は存在せず、地球上の何処にいても誰とでも取引ができる。24時間365日休むことなく稼働しており、今までの銀行とは異なる金融体験をユーザーへ提供している。さらに暗号通貨は自身のウォレットで管理することができるため、部分準備制度を採用する銀行のように取り付け騒ぎが発生する心配がない。

btcnews.jp
Share Post
19 h
サムスンSDS ブロックチェーン処理速度を向上させる技術を開発 IBMのハイパーレジャーファブリックに適用可能

韓国サムスングループのサムスンSDSは、ブロックチェーンのトランザクションの処理速度を向上させる技術を開発した。

21 h
違法な画像がブロックチェーンに含まれる事件が発生、共有の問題点とは?

違法であると考えられる画像がブロックチェーン上に含まれる事象が発生。画像を直接ブロックチェーンに書き込みブロックチェーン上に保管されることにより、誰でも複製可能となる点など、ブロックチェーンで共有することによる問題点を解説します。

22 h
BinanceのCFO、「依然として収益性は高い」

BinanceのCFOのWei Zhou氏は昨日、CNBCのインタビューの中で取引所の収益は市場動向に完全に依存する状態から抜け出してきており、現在のような弱気市場であっても十分に収益性の高い事業を営むことが可能であると述べた。参照元

btcnews.jp
Share Post
22 h
Coinbase、BSVを外部ウォレットに移すことが可能に

アメリカの大手仮想通貨取引所のCoinbaseは、昨年11月のBitcoin Cashのハードフォークで誕生したBitcoin SVを取引所のウォレットから外部のウォレットに移すことを可能にしたと発表した。同取引所はいまだにBSVの売買をサポートしていない。参照元

btcnews.jp
Share Post